ひらの矯正歯科クリニックによる女性の歯・お口元の専門サイト

お口元.com
03-3487-3389

小児矯正 子供の矯正 歯並び
【ひらの矯正歯科クリニック】
東京都世田谷区太子堂
2-14-3-4F

contents

ひらの矯正歯科クリニック

東京都世田谷区太子堂
2-14-3-4F

map

※東急田園都市線
三軒茶屋駅 徒歩3分

TEL:03-3487-3389

ひらの矯正歯科クリニック Hirano Orthodontic Clinic よい歯並びネット お子様の歯のことならこちらのサイトをご覧ください。 成人歯科矯正治療専門ガイド
MOBILEQRコード

QRコードを携帯電話で読み込んで
アクセスしてください。

サイト内検索

powered by Yahoo! JAPAN

噛み合わせとお顔立ち

咬合治療

咬合(こうごう)とは、歯の噛み合わせのことです。

「ちゃんとごはんも食べられるし、私は歯の噛み合わせには問題がない」
「歯並びがいいから私は大丈夫」

と思われるかもしれませんが、実は症状が出ていないだけで、噛み合わせが正しくないことがよくあります。

咬合治療

Page Top

噛み合わせが悪くなる原因

噛み合わせが悪くなってしまう原因は、先天的(遺伝的)なものと後天的(環境的)なものに大きく分けることができます。

生まれつきの骨格の問題などで噛み合わせが悪くなってしまうのは先天的なものが原因と言えますが、指しゃぶりや頬づえ、口呼吸などの生活習慣で噛み合わせが悪くなってしまうのは、後天的なものが原因です。

上下の顎のバランスが悪いまま大人になると、顎の関節(顎関節:がくかんせつ)や顎の周りの筋肉のバランスも悪くなってしまいます。そのままでいると全身のバランスも悪くなり、体に症状が出たり、顎に痛みが出てきたりします。

これは、かかとの高さが違う靴をはいて歩くのに似ています。体が元気なうちは、「これでも歩けなくはないし、まあいいか」と思ってそのまま歩き続けていると、そのうち膝が痛くなり、腰が痛くなり、全身がだるくなってすぐに疲れてしまうはずです。

Page Top

噛み合わせが原因で出てくる症状

まず、多くの人が気付くのが、顎の痛みや顎が鳴るといった症状です。
顎に痛みがあったり、顎が鳴ったり、口を大きく開けることができない・・・
これらは、顎関節症(がくかんせつしょう)の典型的な症状です。

 

その他、頭痛、肩こり、首のこり、腰痛など、不定愁訴と呼ばれる症状、
耳の痛みや耳鳴り、難聴やめまいといった、耳周辺に出る症状、
目の疲れや充血、涙が出るという、目の周辺に出る症状、
歯や舌の痛み、味覚異常、口が乾く、食べ物を飲み込みにくいといった、口関連の症状など、
一見、噛み合わせとは無関係に思われる症状が出る場合もあります。

 

顎(主に下顎)は、単に上下左右に動くだけではなく、非常に複雑な動きをして食べ物を噛んでいます。私たちがごはんを食べるとき、歯が受けた刺激が脳に伝わって、脳は顎を動かす筋肉に「顎をこう動かしなさい」という指示を出します。噛み合わせが悪いと、悪い刺激が脳に伝わって、脳は「噛み合わせをずらすように!」と顎の筋肉に指示します。すると、顎がずれますから顎の筋肉が疲れ、首の筋肉が疲れ、肩の筋肉も疲れて頭痛になります。疲れた筋肉をフォローするために肩が上がり、肩が上がった分のバランスをとるために首が傾き、背骨や腰にも影響を与え、全身がゆがんで骨盤などにも影響が出てきます。体のゆがみによって神経が圧迫された箇所によっては、他にも様々な症状が出てくる可能性があります。

 

もちろん、上記に挙げた症状すべてが噛み合わせだけで解決するとは限りません。
複合的にいろいろな要素が絡んで、全身の症状となってあらわれているのかもしれません。しかし、他のあらゆる治療をためしたけれど一向によくならない場合、噛み合わせという原因が見落とされている可能性があります。

良い噛み合わせ、正しい噛み合わせとは

噛み合わせたときに、すべての歯が接触する状態が理想です。どこか一本(あるいは数本)の歯が邪魔をして全体の歯が接触していない場合、たとえ見た目の歯並びがきれいであっても、それは噛み合わせが正しいとは言えません。

私たちがごはんを食べるとき、一番噛みやすいところで食べ物を食べようとします。邪魔をする歯があったり、噛みにくい箇所があったり、痛むところがあったら、そこを避けて食べ物を噛みます。

痛かったり噛みにくくないところで食べ物を噛むということは、つまり顎を本来の位置からずらしているということです。顎の関節の位置が変わると筋肉が緊張した状態が続き、徐々に問題が出てくるようになってしまいます。一番噛みやすい位置が、顎関節の本来の位置とイコールであるという状態が、良い噛み合わせと言えるでしょう。

Page Top

噛み合わせ治療について

どのような歯科治療でも、噛み合わせの問題を避けて通ることはできません。
特に全ての歯の移動による矯正治療の場合は重要と考えております。
今までの悪い歯並びにより下顎は本来の正しい位置からズレた位置で歯が噛み合っている場合が多く見うけられます。

歯列からはみ出したり、曲がっている歯や高めの歯を避け、上下の歯が合わさりやすい所でかもうとする習慣があるので『噛んで』と言った場合、口の中では適当に顎をずらして噛み込んでいる事があります。それが習慣となっている場合が多いからです。

本来良い噛み合わせは、下顎の正しい位置で上下の歯列が緊密に 噛み合い、下顎がスムーズに動かせる機能を十分に発揮できる状態に改善するのが噛み合わせの治療です。これは矯正治療の重要な役割です。

予防が一番大事です

虫歯になれば歯を削って詰め物やかぶせ物をします。一度削ってしまった歯は元には戻りません。
歯を失えば、入れ歯や、インプラントで補わなければなりません。しかし自分の歯に優るものはありません。抜けたところを放置すれば、その周りの歯は移動し噛み合わせを悪くしてしまう原因になります。また、歯周病がひどくなると、歯ぐきが弱って歯がグラグラになりますから、噛み合わせも変わり歯並びも悪くなり負の連鎖を起こしお口の中の環境は一層悪くなることが予測されます。

Page Top

お顔立ちが変わる

歯は人の顔の印象を決める上での大きな要素のうちの一つです。顔の主な部分を眉から下顎の下縁までと考えると、上下の歯、及び歯肉の部分では、その40%近くを占めることになるからです。従って、歯を矯正治療で動かすということは顔に重大な影響を与えることが解ると思います。

特に前歯の前後的及び垂直的位置、前歯の傾斜度、上下の顎の位置はとても重要なポイントです。

術前

術前

術後

術後

Page Top

−噛み合わせ 歯のホワイトニング クリーニング PMTC  ブライダル 口臭 歯周病 顎関節症なら、東京都世田谷区の【ひらの矯正歯科クリニック】へお任せください。−

【ひらの矯正歯科クリニック】小児矯正 子供の矯正 歯並び
東京都世田谷区太子堂2-14-3-4F    TEL:03-3487-3389

Copyright (C) Hirano Orthodontic Clinic. All Rights Reserved.